メスを入れない!気軽に行える美容整形

メスを入れない美容整形とは

小さな目やシワやほうれい線、低い鼻。誰にでもあるコンプレックス、美容整形と言えばメスを入れて顔を帰るイメージがあり、痛いし腫れたりしばらく仕事にもいけないイメージが強いと思います。
しかし今はメスを使わず、日帰りで手術をし、その後も仕事や学校へいける手術があります。痛みもほとんどなく、腫れや内出血も少なく、手術時間は短時間。金額もリーズナブルで行う事ができます。
主に出来るのはリフトアップや二重瞼、小顔やしわ、ワキガや多汗症の治療に使われるボトックス、あごや鼻、皮膚の凹凸を治すなど、昔はメスを使わなければ出来なず、術後入院をする治療内容です。では、実際メスを使わずどうやって治療をするのでしょうか。

糸や注入で痛みの少ない美容整形

では、その治療内容はどういうものなのでしょうか。例えば二重瞼です。昔は切開して縫ってという手術で、腫れや痛みがあります。しかし、今は糸を瞼に通して縫う事で、睫毛までピンと持ち上がり、その後の痛みや出血、腫れもほとんどありません。
鼻を高くしたい、涙袋が欲しいという場合、ヒアルロン酸注入をします。ヒアルロン酸は元々人の体内に存在する成分なので、アレルギー反応がなく、安全に利用できます。体内に吸収されるため、持続効果は永遠ではありませんが、安価で行えます。このように気になる部分だけを治療する、プチ整形というメニューが最近主流となっています。アフターケアもきちんと指導されており、その日のうちにメイクも出来るほど気軽にできる手術です。

© Copyright Satisfy Your Beauty. All Rights Reserved.